AtomからVSCodeに乗り換えた

VSCode
スポンサーリンク
スポンサーリンク

背景

新卒入社時にエディタを入念に調査し(暇か(笑))、悩んだ挙句、Win/Macともに使えて拡張性もあるAtomを使い始めました。

VSCodeはリリース直後に一旦使ってみたけれど、VSCodeよりAtomの方が可愛いしわかりやすいしで、
(VSCodeって、上部に出てくるウィンドウなんかも含め、なんだか説明調だし、ちょっとCUIっぽい感じあるし、ちょっと使いにくくない?って思ってた)
そのままAtomちゃんを使い続けること数年…。

ふと、Pythonをデバッグしたいなと思い、その流れでVSCodeでバリバリTerminalが使えることを知り、
ちょっと使ってみたところ、AtomでやっていることがVSCodeだとより楽にできるし、
機械学習マン(?)の夫もイチオシしてきたので、乗り換えることにしました。

さようなら、Atomちゃん

用途

  • markdownでメモや議事録
  • PHP/js/C++/JSON/shell/Pythonなんかを書く
    • 本業ではないので使用頻度はそこまで高くない

AtomとVSCodeの違い

VSCodeの方がよいところ

1. VSCodeのほうがデフォルトで使える機能が多い

先述のTerminalもそうだけど、Atomもパッケージ入れれば使えるだろうけど、VSCodeはインストール直後から使えて、楽チン〜って思ったのが下記。

  • Terminal
  • minimap
  • (Syntax Theme) monokai
  • 色の値を入れると実際の色が表示されるやつ

    超便利

    • Atomではプラグイン入れると起動遅くなる問題があってプラグインは最小限にしていたので、こんな機能の恩恵にはあずかっていなかったのですが、やっぱり表示されるとめっちゃわかりやすい!
    • カラーピッカーも、16進数で指定した時には☝これが表示されて、
      カラーネームで指定した時には色プレビュー付きのネーム一覧が表示されて、まじで便利。
  • Markdownプレビュー時に、.mdをスクロールするとプレビューも追従してくれるやつ
    • しかも、カーソル行までプレビューしてくれる
  • 使われていない変数がわかる

    Visual Studioかよ
    (Visual Studioだよ)

2. 拡張子の関連付けが簡単にできる

普段Markdownを.txt拡張子で保存しているのですが、
そうするとエディタにMarkdownとして認識されないため、
設定する必要があります。

Atomでは、☟こんな感じで自分で.jsonをいじって設定しなければならなかったのですが、

ATOM Editor で拡張子に言語を関連付ける - Qiita
大昔の Web システムを(まともな設計書がないので)ソースコードから解析してるんだけど,言語が Perl なのね。んで,拡張子が cgi と pl なの(cgi って拡張子が懐かしいw)。これらのソースコードを ATOM で見ようと...

VSCodeでは、☟こんな感じで、上に出てくる例の説明調なメニューから、ちょちょいっと設定できる。

【Visual Studio Code】拡張子を言語モードに関連付ける方法
Visual Studio Code(VSCode)を利用していて指定の拡張子を言語モードに関連付けしたい場合の方法を説明します。当説明では「.inc」拡張子を「PHP」の言語モードに関連付ける方法を説明しますが、他の拡張子、言語モードでも
すげぇじゃん~

3. キーバインドの変更が簡単

VSCodeさんはいとも簡単にキーバインドを変更できるので、
後述のショートカット問題もサクッと変更してサクッと解決しました。

Visual Studio Codeで簡単にショートカットキーを変更する方法 - Qiita
環境 Visual Studio Code: Version 1.20.1 OS: Mac OS High Sierra Version 10.13.2 言語設定: OS, VSCode 共に English Mac以外の...

競合してるよ~っていうのも教えてくれて、本当に親切。

4. 見出し/関数などがパンくずリストにでる

私の知識量では口の説明が難しいから写真貼る。

これすごい!便利じゃない?!

ちゃんと、プログラミング言語の場合はクラス/関数/変数一覧がでる。
すごい良い。

Atomのほうが良いところ

1. Markdown Previewのショートカットが一発

画面の右側にプレビューを出したい派なのですが、VSCodeはショートカットで2回キーを押す必要があります。

  • Atom
    • Ctrl + Shift + M
  • VSCode
    • Ctrl + K V

このコマンドの何が問題かって、

  • Ctrl + Kしたあと、Ctrlから指を離してVを押さなきゃならない(面倒)
  • 全角モードになっているとVがコマンドとして認識されず普通に入力されてしまう

Ctrl + Shift + Mは、VSCodeでは
View: Toggle Problems (Errors, Warning, Infos)という、使ったことないし、ひとまずMarkdown形式では絶対に使わないであろうものに割り当てられていたので、
先述の手順でサクッと変更しました。

乗り換えて1週間以上経ちますが、
もうAtomに戻る気はありません
Twitter見てね...お願い…🙏
VSCode
スポンサーリンク
黒くまのおむすび🍙

コメント

タイトルとURLをコピーしました