【うだまさん】まとめ

日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Part1 トレパク

2016/11 発覚

ある日、2ch(Twitter観察板)で、うだまさんがパクリをしていたことが続々に発覚し、炎上します。

Access denied | rio2016.5ch.net used Cloudflare to restrict access

要約すると、主に以下のあたりが悪かったようです。

  • 話をパクってた
    • 連載やTwitterにおいて、他の漫画などから内容をパクり、自分の話としてひけらかしていた
  • 絵をトレースしてた
    • 漫画やネットに落ちている画像を下敷きにし、そのまま線をなぞって自分の絵としていた

http://wikiwiki.jp/udama-chan/?FrontPage
この辺も先ほどのWikiにがっつりまとめられています。
(他にも絵が下手、内容が不自然、猫ちゃん虐待疑惑とかありましたが…気になる方はwikiを)
(読み出すとすごく時間を取られるので注意)

私自身、法など全く詳しくないのですが、
無断転載も、トレースも、話のパクリも、どれも場合によっては著作権法違反となるようです。
(例え著作権法違反でないとしても、パクられたら良い気持ちはしないと思うので、やっちゃだめだと思う)

2016/11~ 活動休止

http://wikiwiki.jp/udama-chan/?%BF%C8%A5%D0%A5%EC
この辺の内容もWikiに詳しくあるので、ここでは主な部分だけ。

2016/11/01 謝罪(1回目)

既存の猫ブログとは別に新たに立ち上げたブログ にて、下記のお詫び文が掲載されました。

このたびはトレースの件でご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

漫画の背景に写真をトレースしたものを使用しているのではというご指摘をいただき
慌ててトレース用の背景写真が入ったフォルダを確認したところ
そのフォルダの中にトレースが許可されていない写真が紛れておりました。
よって、今回の件は確認を怠った完全な私のミスです。

当該漫画を全て非表示にし、当該箇所をすべて削除という対応を行います。

これまで描いてきた作品は、皆さんに育ててもらったものでした。
読んで下さる皆さん、楽しみにしてくださってる皆さんがいたからこそ描けたものです。
今回私の完全な不手際により、失望させてしまうようなことをしてしまい本当に申し訳ございませんでした。

今後十分な管理と注意のもと、このようなことのないよう必ず必ず徹底いたします。

うだま

引用元 : http://blog.livedoor.jp/shzdm/archives/7914435.html

これによると、パクってたのは、どうやら「ミス」のようです。

この時点では、新たなブログに謝罪を掲載し、メインブログでの活動は継続していました。

謝罪(Webメディア)

Webメディアに掲載した内容にもパクリがたくさんあったため、
その掲載先にお詫びのお知らせが掲載され、また、パクリを指摘された内容が非公開となりました。

2016年11月14日

連載企画「1コマ漫画 猫にありがちなこと」「1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書」「1コマ漫画 独身アラサー女にありがちなこと」に関しまして、漫画の背景にトレースが許可されていない写真を元にしたトレースがあることが判明し、現在、該当漫画を非表示にし、該当箇所を全て削除しております。ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

2016年11月18日

連載企画「1コマ漫画 猫にありがちなこと」「1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書」「1コマ漫画 独身アラサー女にありがちなこと」に関しまして、下記掲載箇所以外にも不適切な表現があったため、現在、該当漫画を非表示にし、該当箇所を全て削除しております。ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

引用元 : https://news.mynavi.jp/top/notice/teisei/

2016/11/19 謝罪(2回目)

11/19に、11/01とは別の、新たなブログ に、以下の文が掲載されました。
その翌日、メインブログにも同じ文が掲載されました。

私の、これまで対外的に配信した表現物の中に、著作権に抵触する部分がありました。

本当に申し訳ございませんでした。

現在、これまでの表現物が多数であり、しかも複雑多岐にわたるため、現在も確認しているところです。

なぜ、著作権違反をしてしまったか、その理由は私自身の未熟さです。未熟であるが故、安易な判断があり、甘えの心理が働き、このような行為に至ったと反省しています。

これからにつきましては、これまで心を寄せていただきました読者の皆様、関係者各位へのお詫びと、実際に被害を与えてしまっている関係者への償いを、誠意をもって対応していく考えです。

そして、今後の活動につきましては、お許しをいただけるかどうかわかりませんが、再起をかけていきたいと思います。
勿論、マイナスからのスタートと心得ていますし、失った信頼を取り戻すことは並大抵なことだとは思っていません。
それでも、必死にやり直していきたいと心から願っております。

尚、私自身の不祥事が収束に向かうまで、ブログ、ツイッターは一時休止したいと思います。

2016年11月20日 うだま

引用元 : http://udama.jp/post-48991/

理由について、「その理由は私自身の未熟さです。未熟であるが故、安易な判断があり、甘えの心理が働き、このような行為に至ったと反省しています。」と記載があります。

11/1には、「紛れ込んでしまったミス」とおっしゃっていましたが、今回は「甘え」とおっしゃっています。

過失なのか、故意なのか…。

この謝罪文を掲載して、うだまさんのブログやツイッターは更新がストップします。

2017/01/10 謝罪(3回目)

再度お詫び文が掲載されます。
この日以降のお詫びは、すべてメインブログに掲載されています。

先日(11月20日)皆様にご報告申し上げました、私の作品が著作権に抵触している件につきまして、改めてご報告とお詫びを申し上げたく、この記事を掲載いたします。

この度は、私の不見識により、著作権で保護されている素材の無断トレースや作品表現の酷似などの問題を起こしてしまいました。
各著作権者様はじめ、ご関係の皆様、読者の皆様に多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

現在、各著作権者様に対し、確認とお詫びを行わせていただいております。当該記事につきましては、掲載元様と相談のうえ、記事を非公開または削除などの対応を引き続きとらせていただきます。
また、このことを深く反省し、今後、創作・執筆活動を自粛いたします。

改めまして、誠に申し訳ございませんでした。

2017年1月10日 うだま

引用元 : http://udama.jp/post-48991/

「不見識」という単語から、察するに、「知らなかったから問題を起こしてしまった」とおっしゃっているようです。

11/19に「甘え」とおっしゃっていましたが、また、「ミス」説に逆戻りしています。

もはやどの謝罪文を信じたら良いのか…と思いました。
(ですが、わたしも喧嘩したときによく、「言い訳の一貫性がないから言っていることを信じられない」と怒られます。人のこと言えない…。)

2017/05 復帰(1回目)

2017/05/17 謝罪と復帰のお知らせ

この度は著作権に関する問題につきまして、権利元様はじめ皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、誠に申し訳ございませんでした。

活動を自粛させていただいている間、深く反省の日々を過ごしてまいりました。

そのような状況にも関わらず、多くの方々からたくさんの励ましのお言葉をいただきましたこと感謝申し上げます。

皆さまのお心を裏切るような事態を起こしてしまいましたので、ブログを閉鎖することも考えておりましたが

多くの方々からの「楽しみにしている」というお言葉をうけ、自分の原点である猫ブログを明日より少しずつ再開させていただくことに致しました。

重ねてのお詫びではございますが、この度は誠に申し訳ございませんでした。

今後は二度と、応援いただいている皆様のご期待を裏切ることがないよう

自分の創作活動に対し、真摯に向き合ってまいります。

2017年5月17日

うだま

引用元 : http://udama.jp/post-48991/

反省していたけどみんなが楽しみにしてくれているので再開します、と言った感じです。

この記事を掲載後、ブログの更新が再開します。

が!!!!!!!
過去の写真でブログ更新

2017/05 出版が発覚

生後半年で亡くなったうだまさんの猫ちゃんについての本が6月に出版されることが発覚します。

2017/6/23 ハルくん、あのね。生後6ヶ月で天国へいった子猫のはなし (集英社みらい文庫) うだま [新書] - 新刊.net - 書籍やCD、DVD、ゲームの新刊発売日を自動チェック
新刊.netで新刊を探そう! 2017年6月23日 ハルくん、あのね。生後6ヶ月で天国へいった子猫のはなし (集英社みらい文庫) うだま 集英社 新書
2017/05 謝罪してないことが発覚

出版の件でネットでも非難の声が殺到しましたが、
うだまさんに作品をとてもたくさんパクられてしまった漫画家の方も、この件に関して苦言を呈されました。

恐らく一番パクられた数が多い方が、「謝罪されていない」とおっしゃっています。
有名な方ですし出版社を通して対応されているので、このツイートの内容に嘘はないでしょう。

もう…うだまさんなにしてんの…。
謝罪の内容(言い訳)をコロコロ変えた末に嘘の謝罪文掲載するなんて…。

2017/06 出版中止

私屋先生のツイート以降、何のお知らせもなく、うだまさんのブログの更新は停止しました。

その後、うだまさんの本の出版社から、出版中止のお知らせが掲載されます。

6月23日に発売予定の
『ハルくん、あのね。生後6ヶ月で天国にいった子猫のはなし』は
諸般の事情により刊行中止になりました。

2017年6月7日
集英社 みらい文庫編集部

引用元 : http://miraibunko.jp/info/info20160607.html

2017/07~ 活動休止(2回目)

2017/07/18 謝罪(4回目)

出版中止から1ヶ月以上たち、ブログにお詫びが掲載されます。

お詫びとご報告

6月に予定しておりました「ハルくん、あのね。生後6か月で天国へいった子猫のは
なし」の刊行を中止いたしました。
関係者の皆様、読者の皆様に深くお詫び申し上げます。
またご報告が遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

昨年、私の不見識により、作品表現に関する問題を起こしてしまいました。
該当作品の掲載元様を通して各著作権者様には謝罪をさせて頂いておりましたが、
5月に一部の著作権者様に謝罪が伝わっていないことを把握致しました。
結果的に、謝罪が済んでいなかった状態にも関わらず、活動再開ならびに写真集の出
版を発表してしまったことにより、
一部著作権者様に対しまして何度もご不快なお気持ちにさせてしまい多大なるご迷惑
をおかけしてしまいました。
自分自身の浅慮により引き起こしてしまったことの重大さを深く深く悔いておりま
す。
これまでの愚行を猛省し、創作・執筆活動を取りやめます。
この度は誠に申し訳ございませんでした。

2017年7月18日 うだま

謝罪が済んでいなかったことに対し、
「該当作品の掲載元様を通して各著作権者様には謝罪をさせて頂いておりましたが、
5月に一部の著作権者様に謝罪が伝わっていないことを把握致しました。」
と述べられています。
謝罪は連載先Webメディアを通じて行ったそうですが、
企業を通しても、私屋先生にはたまたま謝罪が伝わらなかったのでしょうか(そんなことってあるのか…?)

「創作・執筆活動を取りやめます」と宣言され、再度活動を休止します。

ですが、この間もうだまさんはこっそり別界隈では活動されていました。

謎のネット活動

2018/01 復活(2回目)

2018/01/21 活動再開報告

昨年、自分自身の浅慮により各著作権者様、出版社様、
いつもブログを見に来て下さる皆さまに多大なるご迷惑をおかけいたしました。
改めてお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした

活動を停止している間、再度自分の不手際と認識の甘さを省みておりました。
この反省を今後ずっと心に持ち続け、戒めてまいります。

活動自粛中にもかかわらず、励ましのお言葉をくださった読者様、
本当に有難うございました。
猫ブログの再開を望んでくださっている方のいることが、自分の支えでした。

2018年1月22日より、この猫ブログを少しずつ再開することで、
少しでも感謝を伝え信頼回復できるよう精進したいと思っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年1月21日

うだま

引用元 : http://udama.jp/post-48991/

全員に対しての謝罪が済んだのかには触れず
「少しでも感謝を伝え信頼回復できるよう精進したいと思っております。」
と、再開を望んでくれた読者への信頼回復を望む文言を掲載します。

謝罪文より早まり、この直後(1/21)よりブログを再開しますが…

猫ちゃんの生存が不明な猫ブログ更新

日記
スポンサーリンク
🐻黒くまのおむすび🍙